スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PZ杯 VS秋雨 秋風さん戦パーティーについて

こんにちは~。ゆうです。
今回は7/30に投稿したvs秋雨秋風さん戦で使用したパーティーの紹介をしたいと思います。


まあ、秋雨さん戦用に調整してるとはいえ、レートでも試運転したのでそこそこ汎用性がある構築じゃないかな~と思ってます。
(なお、レートは1700近辺をうろうろしてた模様)

でも、筋道としては中々悪くないのではと思いますので構築案を少し書いておこうかと。

パーティー紹介

Volcarona shiny 
ウルガモス NN すもも @バコウのみ
性格 控えめ
特性 ほのおのからだ

技構成 大文字 むしのさざめき めざめるパワー岩 蝶の舞
個体値 31-×-30-31-30-30
努力値 H244 B80 C52 S132
実数値 191-×-95-172-125-136

主な調整
H-Bをバコウ込みで146鉢巻ファイアローのブレバを確定耐え [
81.6%~96.3%]

C 185-89ファイアローをブレバの反動込みめざ岩で確定1発 
[97.2%~116.7%]

S 最速71族抜き 1舞でガブの地震耐えメガライボルト抜き

運用について
完全にピンポイントなポケモンです。ネタにすら思えてしまう(というか、実際ネタだろ!!)。
他のポケモンでアローを見るのが懸命かと思います。
正直、この試合に関してはあまりウルガモスを出す気がなかった
まあ、案の定メタをしっかり貼られてたのでお留守番。

エルフーン 
エルフーン NN えるふゅ~ん @残飯
性格 図太い
特性 いたずらごころ
技構成 宿木の種 身代わり アンコール コットンガード
個体値 31-×-31-×-31-31
努力値 H220 B172 D36 S76 あまり4
実数値 163-×-139-×-100-146

主な調整
S 最速80族抜き

H-D C特化FCロトムのボルトチェンジを身代わりが最高乱数きりで耐え[
82.5%~100%]

H 16n+3なんだけど、どうしてそうしたか調整忘れました

B 残りぶっぱ

運用について
みなさんご存知の通りの害悪型エルフーン。
特性いたずらごころからの宿みがループするだけの簡単なお仕事。
S調整はクレッフィやニャオニクス♂の上を取るために一応振ってます。
一度起点が作れてしまうと、突破ができなくなってしまうのが強み。
しかし、使ってみて思ったのが音技持ち(サナ、ニンフィア、ガモス)やすり抜け持ちや草タイプがきついのは勿論なのですが、挑発メガゲンガーがとにかくきつい。(悪あがきしかできない)
まあ、あの試合でもゲンガーいましたが、挑発もつよりは道づれもってそうだと思ってたので選出しました。
コットンはマリルリや、物理竜完封用に搭載。この枠だけはムンフォと選択かと。

ラグラージ
ラグラージ NN ヌOー @オボンのみ
性格 腕白
特性 げきりゅう
技構成 たきのぼり じしん ステルスロック 欠伸
個体値 31-31-31-×-31-31
努力値 H252 B156 D100
実数値 207-130-143-×-120-80

主な調整
borutonogudora.doorblog.jp/archives/37612919.html
この記事のものをパク・・・参考にしました

運用について
とりあえず先発で投げてステロして欠伸する。
パーティーで重そうなマンムーの処理をこいつでしておきたいところ(最低限たすきさえつぶしていただければOK)。
育成、試運転しながら思ったことがこいつ特殊で育成したほうがよかったのでは??と思いました。
あと、地震きってほえるを持たせるべき。
今度また、調整案考えて育成してみます。起点作成役としては最高のポケモンだと思ってます。

メガルカリオ
ルカリオ NN Luk4 @ルカリオナイト
性格 陽気
特性 せいぎのこころ→てきおうりょく
技構成 インファイト アイアンテール 神速 爪とぎ
個体値 31-31-31-×-31-31
努力値 A252 S252 D4
実数値 メガ前 145-162-90-×-91-156
             メガ後 145-197-108-×-91-180

主な調整
とりあえずぶっぱ安定
185-91ファイアローがステロ+1↑神速で確定 
[52.9%~62.7%]

運用について
ラグのステロ欠伸→メガルカリオで舞うのが理想です(カバ不採用の理由はガモスとの相性補完)。
普通に強いです。秋雨さん戦用のパーティーを考える上で、メガ枠だれにしようかな~と思ってたときに、偶然昔積もっておいたアイアンテール持ち夢理想個体がボックスで眠ってたってのと、メガルカリオ辛いとかなんとか言ってた(気がする)ので、「あ、じゃあこいつをメガ枠にしよう」ということで採用しました。
後は、ステロ+1↑神速でHAファイアローを縛れるので、採用したのもありますね。

S5の初期パーティーはメガルカリオ入り(というか、動画もそのパーティーで撮るつもりだった)で潜ってたんですが、勝率がいまいち伸びなかったので解散しましたw
といっても、十分強いポケモンなのでまた使ってみたいですね。

ガブリアス 
ガブリアス NN ヘルキャット @スカーフ
性格 意地っ張り
特性 さめはだ
技構成 逆鱗 地震 ストーンエッジ 大文字
個体値 31-31-31-14-31-31
努力値 H60 A252 B4 D4 S188
実数値 191-200-116-82-106-146

調整について
S スカーフ最速80族抜き

A ぶっぱ

HBD あまり振り分け H16n-1

運用について
ここまでで球ゲッコウガが重すぎたのでスカーフガブを投入。
襷だとしても、ルカリオでとどめさせるので別にOK。
最速80抜きは1加速したバシャーモを上から殴るため。正直、ここまで振るならBDに振り分けた4ずつをSに振って最速81抜きにしたほうがいいと記事書いてて思ったw(1舞最速メガギャラ抜き)
秋雨さんが、私が日ごろから言ってるアローマリルリメタの電気ポケモンに強いメガデンリュウやFCロトム系統を投入してくるのではとも思ってのガブ投入でもありました。
まあ、主人公なので何しても強いです、はい。

サンダー 
サンダー NN チョコボ @ゴツゴツメット
性格 臆病
特性 プレッシャー
技構成 10万ボルト 熱風 羽休め どくどく
個体値 31-×-31-31-31-31
努力値 H204 B252 C28 S20 D4
実数値 191-×-137-149-111-135

主な調整について
C 204-100マリルリに10万ボルトが太鼓した後最高乱数きりで確定 [
74.5%~89.2%]

S 最速70族抜き

H 16n-1

B ぶっぱ Dあまり振りわけ

運用について
まあ、性格や配分はともかくざっとした型はレート環境に蔓延してる毒羽サンダー。
10万ボルトの枠がボルトチェンジになってることも多いですが、私はマリルリを吹っ飛ばすために10万ボルトを採用。
採用理由はもちろん、ナットスターにぶっささる上に、アローマリルリまで見れる神ポケモンだから。
めざ氷は動画で補足してたように物理竜はエルフーンのカモなので切り、エルフーンできつい草系統を処理する。(なお、メガフシギバナは無理な模様)
不一致抜群くらいなら受けきれてしまうのでやはり化け物ですねw
私は電気・飛行の準伝が大好きです。

パーティー単位での運用について


基本理念はラグ+ルカリオorウルガモス+αなのですが、一番多かった選出がサンダーエルフガブという並びですね。
まあパーティー的にメガフシギバナどうするんだと聞かれたら、白目になりますが(試運転中1回も遭遇しなかった)パーティー的にはいいかと思います。
個人的な思いとして、このパーティーにはファイアローを誘ってラグルカリオサンダーでわからせるというのがひとつありましたねw
レートでの採用構築ならウルガモスの型をもう少し汎用性のあるものに変えれば、よりいい構築になるかな~と思ってますねw(このパーティーに入れるなら臆病CS珠ウルガモス)
このパーティー使ってて、一番の収穫はエルフ+サンダーが非常に使いやすいな~と思いましたね。

あとこれ、秋雨さん視点の動画をみていただければわかるかと思いますが、パーティー6体中4体的中されてますww
決勝の構築は、パーティー予想を外すようにしたいですね()

【6世代】めざ地ラムウルガモスの単体考察

2014.08.04 20:22|ポケモン単体考察
こんにちは。ゆうです。

今回はウルガモスの単体考察についての記事を書こうかと思います。
(初回なんでね。一応嫁ポケなので多少の優遇も考えてw)
あくまでも私見なので、参考程度にしていただければと思います。


ウルガモス 

ウルガモスについて


5世代環境ではレートKPの常に上位にいたポケモン。
(5世代末期にポケモン始めたんであまり知らないですがw)
しかし、今作登場のファイアローや、新タイプフェアリーが追加や、
腹太鼓アクジェを獲得したマリルリなどを筆頭に積んでも上をとられることが多くなり、
さらにはジュエルの実質廃止、めざパ弱体化なども逆風の要員となり、
5世代より劇的に数を減らした。
しかし、やはりC135もあるので強いには強いはずなので、
レートでも一応活躍できると思います。(願望)
こいつらさえいなければ、ウルガモスはまだまだ現役の準伝キラー。
(なお、PGLランキング3位,5位なのでけっこう厳しいところ)
ファイアロー マリルリ 

種族値 85-60-65-135-105-100 (550)
特性 炎のからだ/むしのしらせ



主な役割対象


6世代に入ってからのウルガモスの主な役割対象としては、5世代からの並びであるクレセドランを筆頭にしつつ、6世代になってから増えたサザンドラやそれとセットにいるギルガルドの非常に優れた相性補完を1匹でみれるのがこのポケモンの強みかと思います。
さらに6世代に入って身代わりの仕様変更により、むしのさざめきが身がわりを貫通するようになったので宿みがエルフーン+メガネヒードランのような並びも1匹で見れます。
瞑想ライコウやノイコウ、ノイクン、瞑想スイクン系統には軒並み強いのも特徴かと思いますね。




型紹介


では、ここからは私が育成してるウルガモスの型を紹介したいと思います。
あくまで参考例のひとつとして捉えていただければと思います。
なお、理想個体であることを前提に話を進めます。
クレセドラン意識のウルガモスクレセリア ヒードラン 

ウルガモス 
ウルガモス
控えめ @ラムのみ
理想個体値 31-0-31-30-30-31
努力値振り H116 C120 S204 B12 D56
実数値      175-×-87-187-132-146
技構成      大文字 むしのさざめき めざめるパワー地 ちょうのまい

この型のウルガモスなら技はほぼこれで決め付けてもいいくらい。
というか、これ以外ないんじゃないかな??覚える技少ないし

火力調整


Cラインの目安 一番上の調整
193-132ヒードランを1舞めざめるパワー地で確1 [101.5%~120.2%]
193-132ヒードランをめざめるパワー地で確2 [68.3%~80.8%]
167-170ギルガルドを大文字で確2 [82.6%~98.2%]
223-155クレセリアを大文字で確3 [36.7%~43.4%]
223-155クレセリアをむしのさざめきで確2 [60%~72.6%]
167-115メガゲンガーを2舞大文字で確1 [120.9%~142.5%]

耐久調整

H-B 
182ガブリアスの逆鱗を確定耐え[81.1%~96%]
112力持ちマリルリのアクアジェット [66.2%~80%]
200テクニハッサムの鉢巻電光石火が乱数2発 [45.1%~53.1%]

H-D
222メガゲンガーのヘドロウェーブが確2 [52%~61.7%]

調整意図や運用について

一番オーソドックスなやつかと思います。
ガブリアスの逆鱗耐えはほとんど目安くらいなので、そこまでこだわらなくてもいいです。
一応意図があるとすれば、ウルガモスが一貫してる場合+舞うべきである場面で、体力がフルに残っていれば、物理相手に無理やり舞って全抜きという勝ち筋を残すために一応、メジャーどころの物理の性格補正なし等倍でそこそこの火力を耐えるようにしただけです。
なので、最悪耐久ふらずにCS極振りでもいいと思います。
ちなみにこのあたりまで耐久を振ると、スイクンや耐久振りのランターン、ブルンゲルなんかは起点にできます。(チョッキ零度は知らない)
一致弱点を積みの起点にするとは一体・・・w

Sラインは私のパーティーがマンムー重かったので最速80抜きまで振ってますが、最低ラインの最速77族抜き以上であればあとは個々の好みの問題ではないかと思いますね。(ここを抜いておかないとまもみがで死亡)

ちなみに、基本的に私のウルガモスはH116+B12振りくらいからスタートすることが多いです。
そこからCSの調整をするのが一番使いやすい+舞いやすい感じはしますね。
CSぶっぱするときは、スカーフ持たせるときか、ギルガルドを1撃粉砕する役割を持たせるときのどちらかですね。

アローマリルリ見てるとほとんど出せない(出す気がない)ので、
その系統がいない場合はけっこう選出して、舞う傾向にありますね。

で、これ書いてるとき(S5中盤くらい)にレートでウルガモスが多少増えてるらしいんですが(私もこのガモスでレート潜ってます)、ヒードランが増えてる+クレセリアと共存してることが多いかららしいですね。
で、私も使っててわかる感じがするのがクレセドランとアローマリルリの共存してるパターン(そもそも対戦数少ないから一概には言えませんが)が割と少ないです。
マリルリよりはエルフーンと一緒にいるパターンが多い印象がありますね。
なので、エルフドラン+クレセリアの相手がしやすいウルガモスが増えてるのかな~といった印象です。

補完のポケモンについて

で、具体的にパーティー組むときに補完を誰にするかという話なのですが最初に言ったとおり、アローマリルリのケアポケモン+αで考えるのがいいと思います。

① 電気枠
ボルトロスサンダー 
アローマリルリに一貫する電気タイプ。その中でも私がよく使うのがこの2体。
ウルガモスの苦手な上から高火力を抑えれるボルトロスか、耐久高めなサンダーをよく使ってます。(岩一致のポケモンがレートに少ないのもある)

② 地面枠
ガブリアスマンムーラグラージ   

電気・飛行を選んだので、単電気が重い+岩の一貫ができやすいので、地面枠。
地面枠は正直ガブが優秀。
水が抜群で通らない地面+高火力アタッカー+氷をウルガモスが半減というのが理由です。
しかし、ガブできついボルトロスやライコウに強いのがマンムーなので、そこはパーティーと相談。
ラグはステロ欠伸で起点作りができ、ラグの抜群である草がウルガモスで半減以下に抑えれるので優秀(ラグカイロス??なんのことでしょう)。

ちなみにガブの場合はマリルリに叩かれても、たしか乱数で太鼓アクジェは耐えます。

水の一貫を消したいならガブ、電気に強くなりたいならマンムー、起点作っておきたいならラグといった感じでしょうか。全員一概にどれがいいというわけではないので、パーティーと相談です。

最後に

6世代になってウルガモスで舞えば、そのまま全抜き!!みたいなことは少なくなったので、非常に動きづらくなりましたが、
準伝キラーという役割は十分あるかと思いますので
準伝が辛いな~と思う方は是非使ってみてください。

それでは、初回の今回はここまでにしたいと思います。
長くなってしまって申し訳ないです。ここまで、閲覧ありがとうございました。

何か質問やら、ミスやらがあればTwitterかブログのコメントまでお願いします

はじめまして

2014.08.03 22:40|その他
 は、はじめまして。シャムねこ@ゆうです

このたび、動画内でのポケモンの型紹介やら、動画内での補足事項やらを書くためにブログ始めて(再開)してみました。

動画内で使用したパーティーやらに関して書いたりするだけなので、参考になればいいです(いないと思いますが!!ww)

一応、コンセプトのあるパーティーは今までの分も一応(うろ)覚えてるので、書いときます。
書いてないときの回はおそらく適当にパーティー組んで潜ってた時期なのでw

それでは今後ともよろしくお願いしますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。